風俗店での性病感染になる確率

人間は、なにかを欲する欲求という感情がある生き物です。
人間の3大欲求というと、お腹がすいた時に食べ物を食べたいという【食欲】、眠たいときに寝たいという【睡眠欲】、子孫を残すために異性と性行為をしたいという【性欲】の3つの欲求です。
中でも、性欲は子孫繁栄の為に必要な欲求として知られ、人間という種族に属した以上、必ずある欲求のひとつです。
3大欲求は男性にも女性にも平等にある欲求として知られますが、男性の方が自分の子孫を残すという意味もあり、性欲は強いという認識があります。
その男性の性欲が強いという需要から、生まれたのが風俗店です。
日本における風俗店というのは、多くは女性による性的なサービスを男性客に行い、その対価をもらう商売のことです。
男性側は、性欲の欲求を満たすために風俗店を利用するのです。
現在ある風俗店には、様々な形態があります。
例えば、ビジネスホテルやラブホテル、自宅など自分の指定した場所を利用し、デリヘル嬢と呼ばれる性的なサービスを行う女性を店舗から呼び寄せ、性的なサービスを行ってもらう風俗業態のデリバリーヘルス、通称【デリヘル】や、店舗に行き、口での性的なサービスいわゆるフェラチオを女性に行ってもらうピンクサロン【ピンサロ】、風俗嬢と呼ばれる女性が、顧客の趣味に合わせてコスプレを行い、性的なサービスを提供するイメージクラブ、通称【イメクラ】などがあります。
しかし、これらの利用には危険やリスクが付き物です。
それは、利用した男性客には性病感染になる可能性がある為です。
しっかり、対策をしている店舗であれば、サービスを行う女性への定期的な検査や店舗の衛生管理をしっかり行っている為、少しですが危険性は減ります。
しかし、風営法に乗っ取らないいわゆる、違法で店舗を運営しているところや、風営法で禁止されている本番行為を行わせるソープランドなどでは、様々な性病感染のリスクが高まります。

風俗店では定期的に性病の検査は行われているの?

これらの性感染症にかからない為には、風俗店の利用をしないということが一番ですが、欲求を解消する為には利用しないというのは難しいかもしれません。
しかし、性病には病状がでると辛いものも多く、死に至るものもあるので、注意が必要です。
実際には、店側として、風俗嬢に対する定期的な性病の検査は行われているのでしょうか?その答えとして、正しいのは店舗によるということです。
ピンサロ・ソープランド・イメクラといった風俗店では、店を運営するオーナーが絶対います。風営法という法律がある以上、それに乗っ取った店の運営をしていれば、なんにも問題はありません。
しかし、それ以外に違法で店を運営しているところでは、風営法を気にせずに運営している為、店舗によっては性病に対し、なんら対策をとっていない店も多く存在します。
また、サービスを行う場所の衛生管理もしっかりしていないところもあるので、危険性が高いです。風俗嬢は不特定多数の顧客と性的なサービスをするので、一度感染すると他の利用客にも性病感染してしまうことがいえます。
しかし、性病感染をさせてしまった場合、店の評判が落ちることはもちろんのこと、最悪の場合裁判などで店舗が訴えられる場合もあります。
そうした場合には、店側にとってなんのメリットもないため、風俗店を経営するところでも、チェーン展開をしていたり、大型店舗を構えているところなどは対策をしっかりとっているところが多いのです。
不特定多数と接する風俗嬢自体も性病感染は避けたい問題なので、風俗嬢が多く在籍する店舗の利用も比較的安全性が高くおすすめです。
人間における最も強い欲求を満たすために、男性の方には安全な風俗店の選定を行って欲しいです。