男性クラミジア症状について

下腹部を痛がる男性

男性もクラミジアに感染します。
クラミジアは症状が少ないため自分では症状が出ていても気づかないこともある自覚症状がわかりにくい性感染症です。
男性のクラミジアの症状は、感染の疑いがある行為を行なってから初期症状があらわれるまでは約1週間~3週間程度で、早い場合には1週間程度で初期症状がでることがあります。
症状があらわれるのが遅い場合は3週間以上かかることもあります。
クラミジアに感染するとすぐに初期症状があらわれるのではなく潜伏期間があり、感染してから初期症状がでるまでは約1週間前後の期間はあります。
男性がクラミジアに感染するのは、クラミジアの菌が男性の尿道に侵入し侵入した筋は尿道の粘膜に感染後、尿道炎を発症します。
男性が感染すると初期症状では尿道炎の膿が出たり、排尿痛、尿道の痒みや違和感、尿道口の赤みなどがあります。
クラミジアによる尿道炎では膿がでますが、特徴は透明に近い膿がでることで、尿道の痒みや痛みなどは軽めのものです。
男性がクラミジアに感染していても気づかないのは、初期症状で膿がでても水のように透明な場合が多いため、膿が出ていることに気づかないということが考えられます。
尿道の痒みや排尿痛などの違和感などもそれほどはっきりとしない場合が殆どなので症状に気づきにくいです。
クラミジアに感染すると男性不妊症に繋がる可能性があります。感染の疑いがある行為をした場合には早めに検査をうけることが必要なことです。
早めに感染していることを発見できれば抗生物質を投与して1~2週間程度で完治させることが可能です。
病院を受診する時間がなかったり、デリケートな部位なので病院を受診するのは恥ずかしいと考える場合は、検査キットを利用することもできます。
クラミジアの検査キットは手軽に購入することができ、自宅で誰にも気づかれずに感染しているかを確認することができます。
医療機関からの通知書や会社を休んで病院や保健所に行けない場合には感染の有無を早めにチェックする方法として検討することは必要です。

放置しておくと前立腺炎などの病気になる

男性がクラミジアに感染しても初期症状まで潜伏期間があったり、初期症状で膿や排尿痛があっても気づきにくいため感染していることに気づかないことが多いです。
クラミジアに感染すると初期症状は尿道炎の症状があります。膿がでるなどの尿道炎に気づかずに放置すると、尿道の一番奥の前立腺に感染して前立腺炎になってしまいます。
前立腺は精子に栄養を与えて成熟させる臓器のことですが、前立腺にクラミジアが感染すると前立腺炎を発症します。
前立腺炎の症状は、発熱、男性特有の頻尿、残尿感、下腹部の痛み、排尿困難などがあります。前立腺炎が原因で血清液症になることもあります。
血清液症は男性の精液がピンク色や真っ赤になったり、赤黒い小さな点々が混じるなどの症状があります。
さらに症状が進行し感染が広がると精巣上体炎を発症します。精巣上体は副睾丸で精巣に付属する器官です。
睾丸で作られた精子を蓄え成熟させます。精巣上体で炎症が起こると発熱があります。発熱といっても38度以上の高熱です。
さらに悪寒や陰嚢の痛みや腫れ、しこりができるなどの症状もあります。さらに精巣上体炎が重症になってしまうと陰嚢の皮膚が赤くなったり、陰嚢が硬く腫れあがる症状もでるようになります。
クラミジアに感染した場合、自然治癒することは難しいです。病院で抗生物質を処方をしてもらい、服用することで殺菌する治療が必要です。
症状が出ていなくて感染に気づかない場合は感染を広める可能性もあります。
放置することで感染は身体の奥に進行していき重大な病気や男性不妊症につながる可能性は十分にあり得るため、感染している可能性がある場合は恥ずかしがらずに病院を受診することが良い選択となりますが、感染しているかを確認するのは自宅で検査キットを利用することもできます。早めに感染に気づいて治療を始めることが大切です。