海外旅行で性病に感染しないための知恵

海外旅行中に性行為に至ることもありますが、それが原因となり性病をもらってしまうこともあります。そのため海外旅行中に性交渉をするのであれば普段以上の注意と対策が必要となります。
性病に感染しない為の知恵としては必ずコンドームは使用するということです。コンドームは男性器を覆い、女性器との粘膜の直接的な接触を防いでくれます。
性病の中には性器同士が接触することで感染するものもあり、主に粘膜を経由して感染にいたります。
コンドームを装着しない性行為はハイリスクであることから、コンドームを装着することは予防法としては効果的であり必須といえます。
また使用の際にはコンドームの品質も問われます。コンドームは使用中に破れてしまうこともあり、そうなると直接的な接触に至るため感染リスクは高まります。
品質の基準としてはJISマークがあるかどうかを確認することがお勧めです。
JISマークは品質保証を意味するマークであり、それがあるコンドームは使用上の安全基準を満たしていることとなります。
JISマークのないコンドームも流通しており、格安で購入できる商品もあります。しかしそれによりハイリスクな性行為を行う可能性もある為、JISマークのあるコンドームを選択することが性病感染のリスクを下げるうえで重要となります。
海外で探すとなるとなかなか見つからない可能性もあることと不良品が流通している国も存在します。予め日本で必要分を購入しておくことが求められます。
コンドームを使用して性行為を行う際、オイルの併用は避けるべきとされています。性行為の中で好んでオイルを使う人も多いです。
しかしオイルとコンドームの相性によってはコンドームが溶けてしまうことや耐久性の低下を引き起こしてしまう可能性もあります。
性行為中にそれに気づくことができる人は少なく、多くは事後発覚になります。そのためオイルは極力使わないことが性病の感染の予防法の一つとなります。

海外旅行での性行為には十分注意すべき

海外旅行中に性行為をするにあたり、日本内と比べて性病を発症するリスクは高い傾向にあります。
海外は日本と違い性に積極的・オープンな国もあり、ハイリスクな性行為が行われていることもあります。
加えて性病にも様々な種類があり、感染経路も多岐にわたります。そのため日本以上に性病を発症する可能性が高いというデータがあります。
注意するべきことは粘膜の接触や体液の取り込みを行わないことです。性病の感染経路の多くはその二つが起因しているケースが多いです。
具体的な例としては性器への挿入やキスがあげられます。性器への挿入はコンドームを使用することでリスクを下げることができます。しかしキスに関してはそれが困難です。
キスをすることで互いの口腔内の唾液交換・口腔粘膜の接触が伴い、感染の可能性としては十分にあります。また相手の口腔内に出血があれば血液感染の可能性も増えます。
コンドームと違い直接的な接触を防ぐ方法はないことからも、キスしないことが確実な予防法となります。
性行為の中でキスしないことに耐えられないと事前に十分なオーラルケアをしておき、感染リスクを下げてから性行為に臨む人もいます。
それも何もしないよりは効果がありますが、確実に防ぐことはできません。オーラルケアの方法が不適切であると口腔内の出血がおこり、そのまま気付かずに性行為に及んでしまう可能性もあります。
また性行為中に唾液分泌が盛んになり、せっかくのオーラルケアが無駄になることも十分に考えられます。
そのためキスによる感染を防ぐうえでは、キスしないことが確実な予防となります。
他にも海外では様々な性病が存在しており、日本ではほぼ見られないものもあります。
そのため海外旅行中に性行為を行う上では十分に注意して行い、安全に楽しむことが大切となります。