女性が妊婦で性病だと母子感染もありえる

性病とは正しくは性感染症のことで感染症のうち特に性的接触によって感染が広がるものを指します。
ただし性病はあくまでも性的接触によって感染しやすいというだけであり、その他の方法でも何らかの接触があれば感染するリスクがあります。
その感染リスクのひとつが妊婦が胎児に性病をうつしてしまう母子感染です。
性病の種類としては寄生虫、真菌、真正細菌、ウイルスがあります。
寄生虫としてはケジラミ、膣トリコモナス、疥癬などがあり、真菌は性器カンジダ症、真正細菌では、淋病、梅毒、軟性下疳、鼠径リンパ肉芽腫などがあり、ウイルスでは尖圭コンジローマ、性器ヘルペス、HIV、b型肝炎などがあります。
このうち寄生虫は比較的皮膚や粘膜の表面に発症するため表面的な接触での感染リスクがありますが、表面に存在するぶん治療はしやすく塗り薬や内服薬で排除することができます。
真菌も同様ですが、真菌は寄生虫よりもより小さいので再発するリスクがあります。
そして厄介なのが真正細菌やウイルスなどで体内に入り込むため、完全な治療は難しいとされます。
また体内に存在するため妊婦が感染していると胎児への母子感染を引き起こす可能性が高まります。
また母子感染するだけではなく奇形リスクや初期流産などを引き起こすケースもあり注意が必要です。
いずれにしても妊娠を望む場合には性病検査を受けて体内にリスク要因がないかを確認することが重要です。
特にウイルスに関しては、すぐに現れるものではなく潜伏期間を経てから発症します。
潜伏期間中は活動を停止して感染も引き起こさないものもありますが、体内にウイルスが存在する以上は、感染のリスクはゼロではありません。
また性病といえば性的接触でしか感染するわけではなく、その他の何らかの濃厚な接触によってでも感染するリスクが存在するため健全な子どもを産みたい場合には妊娠する前に検査を行い、問題が発生すれば適切な治療を受けることが大切です。

母子感染していると奇形児になるリスクが高くなる

妊婦が何らかの性病にかかっている場合には、さまざまなリスクが大きくなることが知られます。
例えば梅毒の場合には奇形リスクが高まることが知られていますし、梅毒に感染したまま出産すると、その胎児は先天性梅毒になる可能性もあります。
先天性梅毒になるとさまざまな病気の原因となり発育不全になるリスクが高まります。
また淋病の場合には初期流産のリスクが高まることが知られています。
これらの性病は妊娠中に胎盤を通じて胎児に感染する場合もありますし出産時に感染することもあります。
特に出産時に感染する性病の場合には出産後に新生児結膜炎や肺炎を引き起こします。
身体の弱い新生児が新生児結膜炎や肺炎に掛かると死亡する可能性が高くなります。
また妊娠後期に性病が発症すると、胎児に与える影響が大きくなるため普通分娩ではなく帝王切開を行う場合があります。
帝王切開をすることによって胎児への影響を最小限にすることができます。
いずれにしても健全な出産を目指すのであれば、妊娠する前に性病の検査を行い妊娠するのに問題がないかを確認することが重要ですし、現代の医療技術では多くの性病は治療することが可能ですから、胎児に対して与えるリスクを下げることができるもっとも最善の方法です。
また妊娠後でも30週までに検査をして治療を行えば、性病によって発症するさまざまなリスクを下げることができます。特に30週までであれば治療が胎児に与える影響も最小限にすることができます。
このため妊娠がわかった場合には妊娠届出を役所にして母子手帳を貰うことが大切です。また自治体によっては妊婦健診を無料で行っているところもあり、はやめに受診して健康状態を健診してもらうことでリスクを下げることができます。