女性のクラミジア症状について

性感染症の中でも知名度の高いのがクラミジア感染症です。一度は耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
ただ、このクラミジア、実際にどんな症状があらわれるのか、それが具体的にどんな危険性があるのか知っている人はそう多くはありません。
女性の場合、クラミジアに感染したとしても自覚症状がほとんどないため、感染の発覚が遅れる傾向にあります。この間に性行為を行えば自分が感染を広げる発端となることもあるため、とりわけ注意が必要になってきます。
まずはクラミジア感染によってどんな症状があらわれるのか、クラミジアについて正しい知識を身に着けていくことからはじめていきましょう。
その上で予防や対策を徹底することで自分の身を守ることが出来ます。

何故、女性はクラミジアの症状に気づかないのか?

外を見つめる女性

先に挙げたように、クラミジアは性感染症の中でも比較的認知度が高いのが特徴です。
実際、日本でも感染者の数は増加傾向にあり、知らず知らずのうちにその猛威は広がっているわけです。
ただ、そんな中でも女性の場合には、その感染にすら気づくことが出来ないケースが多発しています。
ここまでその名が知られている性感染症にも関わらず、どうして症状に気が付かないのでしょうか。
そのポイントは女性の性器の作りと、クラミジアの特徴にあります。そもそも、クラミジアが感染するのは粘膜部分です。
女性の性器の場合、これに該当するのが膣の奥部分です。つまり、痛みやかゆみなど刺激を敏感に感じる神経が存在していないため、感染による変化を感じ取ることが出来なくなります。
これにプラスして、クラミジアは他の性感染症とは違い症状があらわれにくいという特性があります。
女性の性器の形状で発見が遅れるだけでなく、こうしたクラミジアの特性も自覚症状が出ないことに関係しているわけです。
ある程度痛みがある、かゆみがでてくるなど具体的な症状が出るのであれば異変を感じ取ることが出来るのですが、それがないのであれば感染に気が付かなくても仕方がありません。
ただ、だからといいってクラミジアの感染をそのまま放置してもいいのかと言われればそういうわけではありません。
自覚症状がなくても、体の中では知らず知らずのうちにクラミジアの感染が広がっている可能性があります。
それこそ体内の器官に感染、炎症が広がっていき、結果的に重大な病気を誘発恐れもあるわけです。
女性の場合、クラミジア感染について知っているようで知らない事実もいくつかあります。その中でも押さえておきたいのが、自覚症状がなくても感染していれば治療が必要だということ、そのまま状態を放置するのは非常に危険だということ、この二点です。

クラミジアへの正しい知識を持つ必要性

クラミジアについて正しい知識を身に着けていくことで、感染に対する危機感を常に持つことが出来ます。
それこそ、具体的な症状があらわれていなくても、体の異変を敏感に感じ取ることができるかもしれませんし、時には性病検査に意欲的に取り組むことができるかもしれません。
そもそも、クラミジアを完全に予防するためには性行為を避けるのがベストです。とはいえ、キスや前儀もできないとなればあまり現実的な方法とはいえません。
恋人同士での愛情表現のひとつとして性行為は欠かせないものです。では、どうやってクラミジア感染を防いでいけばいいのでしょうか。
それは、やはり性行為の際には常にクラミジアの感染リスクについてしっかり認識していく、これに限ります。認識さえしっかりしていれば、前もってパートナーと一緒に検査を受けるなど準備もできますし、不特定多数の相手と性行為に及ぶなどリスクの高い行動は控えるようになります。正しい知識を身に着け、その上で正しい行動をとること、これが大切になってきます。
現在はクラミジア検査キットというものもあります。これは自宅でクラミジア検査を行えるものとなっておりますので、興味の有る方は下記のリンクから購入してみてはいかがでしょう。
クラミジアの検査キットはこちらで買えます

女性のクラミジア症状は男性よりも遅く出る

手をつなぐ男女

クラミジアに感染したとしても女性は自覚症状がほとんどありません。
これは先に挙げた理由が県警しているわけですが、何も全く症状があらわれないのかといわれればそうではありません。
中には感染が発覚してからも自覚症状がないという人ももちろんいますが、時間の経過とともに具体的な症状があらわれるケースも少なくありません。
クラミジア感染によって起こる女性の症状、具体的には性器周辺のかゆみ、排尿時の痛み、オリモノの変化や臭いの変化が挙げられます。
性器周辺のかゆみに関してはその部位が皮膚炎を起こしている状態になっているため、皮膚がもともと弱い人はとりわけ注意が必要です。
炎症がひどくなれば傷が出来たり、そこから新たな感染が広がっていく恐れも出てきます。
かゆみはただでさえ厄介な症状なのにも関わらず、さらに症状が悪化するとなれば非常に厄介な問題です。
早めに医療機関を受診して、治療に取り組んでいくようにしましょう。排尿時の痛みに関しては、クラミジア感染によって尿道に炎症が起こっている可能性があります。
特に、排尿時の痛みによって排尿自体に支障が出る場合には注意が必要です。
尿が逆流することでさらに症状の悪循環を招きますし、何より、その痛みが引き金となり水分補給を怠り脱水症状を引き起こす恐れも出てきます。
もちろん、これは極端な例ではありますが、排尿時の痛みに関してはできるだけ早く泌尿器科等を受診して治療を進めていくようにしましょう。
排尿時の痛みは我慢しない事、これに限ります。オリモノの色、臭いの変化に関しては、膣内での感染による影響が考えられます。

女性のクラミジアはおりものにも注目

女性の体において、オリモノは必要不可欠な存在です。本来であれば、膣内の雑菌繁殖を防ぎ、患部を常に清潔な状態にキープするのが役目となります。
その役割がクラミジアの感染によって果たされず、むしろ雑菌の繁殖を促してオリモノの色や臭いが変化していくことになるわけです。
オリモノの変化はそのまま放置することで自分だけでなく、周りの人間にも影響を及ぼします。臭いが強くなればその分、エチケットの面で悪影響が出てきます。
臭いが気になるがあまり、仕事場や学校で必要以上にびくびくしてしまう、なんてことも考えられます。
オリモノの色に関しても、時に膿のように濃い色をしたものが出てくることもあるため、こちらも早め早めの治療がポイントとなります。
こうした女性のクラミジア症状は遅れてあらわれることが少なくありません。そもそも、クラミジアは自覚症状がないのが特徴の感染症です。
こうした症状があらわれるのは体調不良やホルモンバランスの乱れによって体の抵抗力が落ちたときです。
元々元気な人であれば、それだけ症状があらわれだすのも遅くなる、クラミジア感染についてこの点についてはしっかり押さえておきましょう。
たとえ発見が遅れたとしても、そこで症状を放置するのではなく、気が付いた時点で治療に取り組むこと、これが大切です。

女性はクラミジアを放置すると不妊になる

妊娠検査を見る女性

先に挙げたように、女性のクラミジア感染は気が付きにくいものの、その状態を放置することは非常に危険です。
症状がさらに悪化する可能性があることはもちろんですが、それよりも重大な病気、不妊症を引き起こす恐れがあります。
どうしてクラミジアの症状を放置することによって不妊につながっていくのでしょうか。それはクラミジア感染によっておこる炎症が関係してきます。
菌に感染することによって女性の体内では様々な炎症が起こっていきます。先に挙げたように、尿道や皮膚に炎症が起こる他、その状態を放置することで炎症はどんどんと体の奥深くへ広がっていきます。
膣内はもちろんですが、子宮頸管、卵管、卵巣といったように徐々に炎症が広がっていけば、そこでさらにトラブルが多発していきます。子宮頸管や卵管、卵巣は女性が妊娠する上で必要不可欠な器官でもあります。
子宮頸管は精子がそこを経由していく場所ですし、卵管は卵子が流れていく場所、卵巣はその名の通り、卵子が作られる場所です。そこに炎症が起こってしまえば、最悪の場合患部の癒着が起こります。
卵管でこの癒着が起これば、それだけで卵子の排出が妨害され、不妊につながっていくというわけです。
もちろん、これはクラミジアの症状をそのまま放置して悪化した場合です。症状に気が付いた段階で対処していれば問題はありませんし、対処が早ければ早いだけ不妊のリスクは低くなっていきます。

クラミジアの治療は早めに行なう必要がある

子宮頸管や卵管、卵巣にまで炎症が広がってしまった場合、性行為中に痛みを感じる、不正出血が起こる、腹痛が起こるなどの症状があらわれるようになります。
こうした症状をそのまま放置すれば不妊のリスクは格段に上がってしまいます。
性行為中の痛みに関しては、実際に挿入があったとき、あるいは膣の奥に刺激が加わったときに症状があらわれやすい傾向にあります。
もちろん、痛みの感じ方には個人差がありますが、性行為の際に違和感を感じた時には注意しておくようにしましょう。
不正出血の場合、子宮周辺の器官に何かしらの異常が起こっていることがわかります。それはクラミジア感染に限ったことではありませんが、時にこの症状がきっかけで感染に気が付く場合もあるわけです。
普段、普通に生活している中で不正出血が起これば、不安にかられる女性は少なくありません。この不安を解消するためにも、一度でもこうした不正出血があれば産婦人科や婦人科など、専門の診療科の診察を受けるようにしましょう。
腹痛の場合でもこれは同様です。ただ単に体調不良、便秘や下痢などの影響で腹痛が引き起こされている可能性もありますが、あまりに痛みが続く場合、他の症状と合わせて状態が悪化していく場合には早め早めに治療を始める必要があります。
将来、不妊症にならないために、クラミジア感染が女性の体に及ぼす影響をしっかり把握しておくようにしましょう。

クラミジアは女子高校生の間で多い

クラミジア感染症はこれまで挙げてきたように、自覚症状がなく感染自体に気が付きにくいため、感染の割合が高い傾向にあります。
実際、日本で確認されている性感染症の中でもその割合は多く、特に女子高校生の感染率は顕著です。女子高校生の場合、その全体の約13パーセントがクラミジアに感染しているという調査結果も残っています。
この数字を見ても、その危険性が見えてきます。もともと、クラミジアは若い年代に多い性感染症ではありますが、どうしてここまで女子高校生の中で感染が広がっているのでしょうか。
それは、初体験の低年齢化、そして性感染症に対する認識の低さが関係しています。初体験の年齢が低いということは、女子高校生の段階で複数人と性行為をしたことがあるという割合が多いということです。
中でも過去に5人以上と性行為の経験がある女子高校生は、クラミジア感染率が40パーセントという結果もでています。
それだけ認識のない状態での性行為は危険性が高いということです。
性感染症に対して認識が少ないということは、それだけで非常に危険な状態です。
本来であれば、クラミジアは治療によって100パーセント治すことができる感染症ですし、発見が早ければ重症化を十分に防ぐことが出来ます。
ただ、認識が低いことで知らず知らずのうちに症状が悪化していたり、あるいは自分が原因となり、感染を広げてしまう可能性もあります。
そもそも、不特定多数との性行為、性感染症への認識が低い者同士の性行為によって感染は広がっていきます。
感染率を低くしていくためにはこの二つの問題を解消していく必要があるわけですが、まず最初は自分の身を守ること、パートナーへの配慮を徹底していくようにしましょう。

性病検査を行なうことが性病予防のコツ

先にも挙げたように、クラミジア感染はそのまま放置することで重大な病気を引き起こす事になります。
痛みがないから、かゆくないからそのまま放っておいてもいいのでは、と油断してしまう人も中にはいるかもしれませんが、少なくとも放置しておいていいことは何もありません。
女子高校生の場合でもそれは同様で、もしかしたらクラミジアかもしれない、そう疑いを持って生活していくことが大切になってきます。
女子高校生がクラミジア感染を防ぐためにはどうすればいいのか、それは先にも挙げたような方法です。不特定多数の異性との性行為は避けるようにすること、性行為に至るまでに前もって性病検査を受けておくようにすることです。
性病検査については自分一人が受けていてもあまり意味が在りません。性行為を行うパートナーに感染があれば、そのまま自分にもうつってしまう可能性があります。
100パーセントで感染を予防していきたいというのであれば、パートナーと一緒に性病検査を受けていくようにしましょう。
女子高校生には性病検査自体が敷居が高いようにも思われますが、この心がけが感染予防のカギとなってくるわけです。